3つのAGA治療の効果を比較!AGA治療選びで気を付けるべき点

若ハゲ基礎知識

「AGA治療」は特定の1つの治療方法ではなく、4つの種類治療方法の総称を指す言葉です。

AGA治療は下記4つのタイプに分けられます。

AGA治療名 治療方法 具体的な商品名
AGA治療薬
(内服/外用)
AGA治療の中で最も金額が安く、とっつきやすいのがこのAGA治療薬タイプ。
大きく塗り薬、飲み薬に分けられ、育毛剤、養毛剤、発毛剤等があります。
チャップアップ
リアップX5
DOTT HAIR
毛髪再生治療 毛髪再生治療とは、まだ生きている毛根自体を再生させる治療法で、手術することはないので、手軽に始められる本格的なAGA治療方法です。 HARG療法
毛髪再生メソセラピー
植毛治療 人口植毛治療と自毛植毛治療んい分けられ、薄毛の部位に太く長い毛を自然な形で植毛する治療方法です。
当然植毛するため効果は期待できますが、手術が必要な点、大きな金額がかかる点からAGA治療の最後の砦と言われています。
ARTAS自毛植毛
ドナーストリップ法
ダブルマトリックス

これら4つのタイプのAGA治療がありますが、実際にそれぞれ効果があるのかを調べていきます。

4タイプのAGA治療の効果まとめ

AGA治療薬 毛髪再生治療 植毛治療
費用/1ヵ月 3,000円~ 50,000円~ 500円/本
効果 商品ごと
効果持続性 継続して服用する必要性あり 飲み薬でのアフターケア必要あり 定期的なメンテナンス必要あり

AGA治療薬の効果

AGA治療薬は主に初期段階の人に効果があり、治療という側面よりも、予防や対策といった側面が強いです。(もちろん、改善もします。)

ただ、AGA治療薬はとにかく種類が多く、一概に効果があるとは言えないです。

AGA治療薬商品の中で効果が期待できるのは、「医薬品」に該当する商品です。

「医薬品」と「医薬部外品」の違い

商品選びで最も重要な医薬品と医薬部外品の違いを理解しておきましょう。

AGA治療薬選びで最も重要な点です。

医薬品 厚生労働省より配合されている有効成分の効果が認められたもの
医薬部外品 厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が、一定の濃度で配合されているもの

医薬品は治療の効果が認められたものに対し、医薬部外品は認められた成分が一定量入っていますといったもので、厚生労働省の効果への認知は大きく異なります。

もし、あなたが薄毛改善をAGA治療に期待しているのであれば、医薬品を選ぶことが正しい選択になります。

さらに、医薬品の中でもより高い効果を期待するのであれば、「薬局用医薬品」が一番効果的です。

医薬品 薬局用医薬品
  • DOTT HAIR
OCT医薬品
  • リアップX5プラス
医薬部外品
  • チャップアップ
  • bubka

実際に僕も医薬部外品のAGA治療薬を半年ほど試しましたが、全く効果を感じられませんでした。

※商品名を上げると誹謗中傷になるのでやめておきます。

医薬品は法律(薬事法)の関係で、対面販売のみとなっているので、より効果の高いAGA治療約を望むのであれば、必ずクリニックで医薬品のAGA治療薬を処方してもらうようにしましょう。

毛根再生治療の効果

AGA治療薬は初期段階や、徐々に飲み薬と塗り薬で改善を図るのに対し、毛根再生治療は直接頭皮に栄養を送り込み再生を図る治療法です。

そのため、効果はAGA治療よりも高いですが、治療費が割と高いのが難点です。

毛根再生治療で有名どころは2つあります。

HARG療法の効果

効果 ★★★☆☆
費用 100,000円/回

HARG療法は再生医療の1つで、費用は1回10万円近くしますが、発毛率99%を誇るのAGA治療法です。

再生医療とは、病気やけがで損なわれた臓器や組織の働きを再生させるため、細胞や組織を体外で培養したり、加工したりして体に移植する医療

HARG療法は、「HARGカクテル」という150種類以上の成長因子を含むタンパクを直接頭皮に注入するため、重度のAGAや性別問わず行える治療法です。

成長因子は下記のようなものが含まれています。

KGF 毛母細胞の増加を促進
PDGF 毛髪の成長期を維持
VEGF 頭皮の血管新生

ただ、ネットで口コミを検索すると悪評が目立つような気がします。

HARG療法口コミ

あまりいい評判はないですね。

この治療法は僕も興味があったのですが、まずは現在続けている治療法で様子を見ることにします。

20代若ハゲが本気で若ハゲを治すためにAGA治療を始める【AGA治療体験談1日目】
まさか自分が、、、 そうなんです。20代で若ハゲなんです。 かなりきてます。 元々オデコが広いタイプの人間で、大学時代から「少し前髪が薄いなー」と思っていましたが、20代後半に入って本格的に若ハゲが目立ってきました。 後輩に言わ

PRP育毛療法の効果

効果 ★★★☆☆
費用 150,000円/回

HARG療法と同様、外部から成長因子を直接頭皮に注射する方法です。

HARG療法との違いは下記の通りです。

HARG療法 外部で作られた液体:タンパク薬剤(AAPE)
PRP育毛療法 自分の血:多血小板血漿

その他の違いとして、HARG療法は6回1クールとしているのに対し、PRP育毛療法は2回1クールのため、トータル費用はPRP育毛療法の方が安く済む可能性が高いです。

PRP療法の口コミ

PRP育毛療法の口コミはほとんど出てこなかったです。

まだまだ施術数も少ないと思うので、AGA治療を始める場合は、いきなり高い金額を払うよりも、AGA治療薬(薬局用医薬品)から始めるのがいいと思います。

毛髪再生メソセラピーの効果

効果 ★★★☆☆
費用 20,000円~

こちらも頭皮に注入して毛髪促進を促す治療法ですが、HARG治療と異なる点は、メソセラピーで使われる発毛カクテルはクリニック独自で作られるという点です。

HARG治療は、基本的にどこのクリニックで受けても成分は同じです。(中身を薄めたりしていなければ)

ただし、メソセラピーはクリニックで作られるものなので、成長因子が入っていなかったり、そもそも効果のないものばかり入っていたりと、不透明な部分が大きいです。

毛髪再生メソセラピーは安くてとっつきやすいですが、あまり信用できないです。

クリニックのさじ加減で中身の配分を変えられますしね。

毛髪再生メソセラピーの口コミ

こちらも口コミはほとんどありませんでした。

植毛治療の効果

圧倒的に効果が見込めるのが植毛治療で、大きく分けて2種類あります。

自毛植毛治療 自分の元気で太く長い毛の毛根を、薄毛の部位に植毛する治療法。人工毛植毛治療よりも値段は高いが、自分の毛なので自然と馴染み、またメンテナンスが不要なケースが多い。
人工毛植毛治療 自分の毛以外の毛を薄毛の部位に植毛する治療法。自毛植毛治療よりも安いですが、自分の毛ではないため抜け落ちたりと、定期的なメンテナンスが必要。

個人的な感想としては、わざわざ人口植毛治療を選ぶ人はいるのだろうかと思っています。

だって、メンテナンスが必要だし、自分の毛ではないし、自毛植毛治療の技術があるのに、です。

まあ、人それぞれですけどね。

薄毛に最も効果が期待できるAGA治療とは

個人的には、下記の順番で受けるのが最もおすすめです。

  • AGA治療薬(薬局用医薬品)
  • 植毛治療
  • 毛髪再生治療

基本的に、長年効果が見られるのは間違いなくAGA治療薬です。

そして、AGA治療薬ではどうしようもなくなった人は、植毛治療がおすすめです。

どうしても、毛髪再生治療は調べれば調べるほど悪評が目立つため、あまり信じていません。

なので、まずはAGA 治療薬を早めに初めて、経過を見ることをお勧めします。

AGA治療の効果まとめ

  • 長年効果が表れているのはAGA治療薬(薬局用医薬品)
  • 毛髪再生治療は悪評が多い
  • 最後の手段は植毛治療

コメント