AGA治療費用を考慮したコスパ最強のAGA治療とは【AGA治療体験談9日目】

若ハゲAGA治療体験

AGA治療体験談9日目です。

まだ何も変化は感じられません。

AGA治療体験談9日目

現在使っているAGA治療薬は下記2つです。

DOTT HAIR
(AGA治療内服)
ミノキシジル 2.5mg
フィナステリド 0.65mg
DOTT HAIR
(AGA治療外用)
ミノキシジル 6.5%
フィナステリド 0.05%
AGA治療を都内・新宿の病院で受けるならおすすめのクリニック厳選3選【AGA治療体験談8日目】
AGA治療体験談8日目に入りました。 なんとなく、体が重いです。 今の髪形は代り映えのない感じです。 現在使っているAGA治療薬は下記2つです。 DOTT HAIR(AGA治療内服) ミノキシジル 2
AGA治療体験談10日目!AGA治療の効果はいかに!?【AGA治療体験談10日目】
AGA治療を始めて、とうとう10日が経ちました。皆さんが気になるであろう、AGA治療の効果について触れていきたいと思います。 過去の写真を全て見てもらえれば、変化を見ることができます。 AGA

僕のAGA治療は内服薬のみを行っており、毎月の維持費が3,000円程度です。

ただし、AGA治療といっても4タイプの種類があり、それぞれ費用は大きく異なります。

そこで、それぞれのAGA治療の相場と、それぞれのメリット・デメリット、またコストパフォーマンス最強のAGA治療をまとめてご紹介させて頂きます。

AGA治療一覧と相場とメリット・デメリット

早速AGA治療一覧をご紹介します。それぞれのメリット・デメリットも合わせて紹介します。

AGA治療:内服薬

種類
  • プロペシア
  • ロゲイン
  • フィンペシア
  • ミノキシジル
費用 3,000円~
メリット
  • 内服するため、内部から薄毛改善が行える。
  • 初期費用がそこまで高くない。
デメリット
  • 性欲減退
  • 勃起不全
  • 乳房の肥大、圧痛
  • 抑うつ、めまい
  • 多毛症

僕が実際に行っているAGA治療がこの内服薬ですが、大きな強みとして

  • 高確率で効果が実証済み
  • 初期費用がそこまでかからない

等が挙げられます。

まだまだ上記のデメリットは感じられないですが、多くの人が

  • 性欲減退
  • 多毛症

のデメリットを感じているそうです。

多毛症とは言葉の通りで、沢山の毛が生え始めるという症状で、今まで生えていなかった額や指の毛が生えるということで、僕自身毛が濃いタイプなので、若干怖いです。

ただ、一度生えたからと言って一生生え続けるわけではなく、服用を辞めると多毛症も止まるそうなので、ご安心ください。

性欲の減退も怖いですが、性欲が減退すれば、性欲に充てていた時間が浮くので、それはそれで当面はプラスに働くのかなと思います。

AGA治療:外用薬

種類
  • [NR-10]ミノキシジル16%+αクリーム
  • チャッチアップ
  • リアップX5プラス
費用 5,000円~
メリット
  • 頭皮に直接塗ることで、頭皮に限定的に効果がある(多毛症の心配がない)
デメリット
  • 頭皮に炎症が起こる

内服薬とは違い、AGAの箇所に直接塗るタイプで、内服薬と違い、内服薬で起こりうるデメリットは起こりずらいです。

ただし、AGAに効果的な成分が、皮膚から摂取することができるかは疑問視されています。

費用は内服薬とほとんど変わらないです。

AGA治療:発毛治療

種類
  • HARG療法
  • 育毛メソセラピー
費用 30万円~
メリット
  • 唯一毛髪再生治療として認められている
デメリット
  • 治療費が高額

内服薬のようなデメリットがなく、かつ頭皮に注射等の方法で直接AGAに効果的な治療を行う方法で、効果が非常に高いと注目を集めています。

ただ髪が生えるだけでなく、「生え続ける髪に再生する」とうたっており、実際に効果も期待できるそうです。

ただし、見てわかる通り、費用がとても高額です。

そのため、いきなり発毛治療に取り組むのは少し不安がありますね。僕自身も、発毛治療は内服薬で効果が全く期待できず、薄毛が進行してしまった場合のみ、挑戦しようかなと思います。

AGA治療:植毛

種類
  • 人工植毛
  • 自毛植毛
費用 100万円~
メリット
  • 確実に改善が見込める
デメリット
  • 痛みが伴う
  • 治療費が高額
  • 一定期間、治療跡が目立つ

AGA治療で確実に効果が見込めのるが植毛治療で、自毛植毛に関してはAGAの影響を受けづらい後頭部の髪の毛を、AGAの影響を受けている部分に移動させる方法です。

毛を移植させるので、確実に薄毛治療として効果を発揮しますが、頭皮・経済的な負担がかなり大きいのがデメリットです。

サッカー選手として有名なウェイン・ルーニーも自毛植毛を行い、治療結果にとても満足しているそうです。

僕自身も、発毛治療がダメだった場合はチャレンジしようと思っています。

AGA治療の毎月の最低限のコスト

上記それぞれがAGA治療に関してですが、当然毎月の維持費も発生します。それが内服薬の費用です。

外用薬も、発毛治療も、植毛も、全て外的要因の改善方法であり、当然内的要因の改善も必要なため、多くの場合は内服薬を併用する必要があります。

そのため、どのAGA治療を行おうが、内服薬のAGA治療費(3,000円程度/月)がかかると思っていただいて構いません。

AGA治療最高のコストパフォーマンスを発揮する治療方法とは

僕自身がAGA治療を行うと決めて色々調べましたが、内服薬のデメリットが気にならないのであれば、内服薬によるAGA治療がおすすめす。

効果が期待でき、かつ治療費も月々数千円で行うことができるので、まずは内服薬で様子を見てから選択するのがおすすめです。

ちなみに、クリニックで処方される内服薬は、月2万円程度かかる場合があります。

内服薬のAGA治療を安く済ませたい場合は、輸入代行業者の「オオサカ堂」で購入することがお勧めです。

クリニックでAGA治療内服薬を依頼する場合、月2万円程度はかかりますが、輸入代行業者から購入すれば、月3,000円程度で収まります。

AGA治療費用まとめ

  • AGA治療はまず内服薬に挑戦する
  • 次に発毛治療に挑戦する
  • 最後に植毛に挑戦する

コメント