AGA治療とは?AGAを改善させる4つの治療法とまずすべきこと【AGA治療体験談11日目】

若ハゲAGA治療体験

AGA治療体験談11日目です。

初期脱毛等の変化も感じないです。若干効果があるのか心配になってきました。

AGA治療体験談11日目
AGA治療体験談11日目

現在使っているAGA治療薬は下記2つです。

  • フィナロイド
  • ミノキシジル5mg

購入場所は「オオサカ堂」です。

AGA治療体験談10日目!AGA治療の効果はいかに!?【AGA治療体験談10日目】
AGA治療を始めて、とうとう10日が経ちました。皆さんが気になるであろう、AGA治療の効果について触れていきたいと思います。 過去の写真を全て見てもらえれば、変化を見ることができます。 AGA
http://young-hage.com/aga/day12/

髪の毛は正常でも毎日50本~150本抜けるそうで、シャンプーをするたびに15本くらい抜けても「150本のうちの15本だったら問題ないだろう」と思っていたが、周りの人の話を聞くと”抜けても5本程度”で、僕がとてつもなく抜毛が多いことに気づきました。

元々おでこは異常に広く、父親もハゲているので「僕もきっといつかハゲるんだろうな」とは覚悟していたが、まさか20代でハゲるとは思ってもみなかったので、これは結婚なども考えると、若ハゲは非常に危険なため、AGAというものについて知識を深めることにしました。

基本的なAGAのお話し、4つのAGA治療方法、5つのAGAの知識についてお話していこうと思います。

AGAは遺伝による薄毛の原因

AGAとは、男性ホルモン「テストステロン」と、体内で生成される「5αリダクターゼ」という酵素が結合して生まれる「ジヒドロテストステロン」の影響で、ヘアサイクルが乱れて薄毛になる症状を指します。

ヘアサイクルとは、髪の毛の成長過程を指し

  • 休止期
  • 成長期
  • 退行期

の3つの過程を指しますが、ジヒドロテストステロンは成長期の期間を短くし、髪が十分に成長する前に退行期へと促すため、髪全体として細く短い毛が増えてしまうため、薄毛になってしまうというメカニズムで薄毛を促進させます。

薄毛の原因の8割がAGAであり、AGAの8割が遺伝なため、薄毛のほとんどが遺伝によるAGAから発生しています。

AGAは治る病気

以前までは薄毛になった場合は

  • かつら
  • 人工毛植毛

といった人工的な髪の毛で薄毛対策を行う方法しかなかったですが、現在では

  • ヘアサイクルを正常に機能させることで太く長い毛を増やす
  • 髪の毛の成長因子を直接頭皮に打ち込み、成長を促す
  • 自分の髪の毛を植毛する

など、自然な形で髪の毛を増やす方法が可能になったため、「AGAは治る」と言っても過言ではありません。

そのため、重要なのが、早期の段階でAGA治療を始めることが、より効果的な薄毛改善に繋がるということです。

AGAの薄毛の7つの段階

AGAによる薄毛には7つの段階があり、より早い段階でAGA治療を行えば、その分より効果の高い薄毛改善を行うことができます。

AGAのフェーズ

個人差もありますが、多くの場合が2段階程度の改善が見込めると言われています。

それでは実際にAGA治療を行っていきますが、間違ったAGA治療が世間に広まっているため、「効果の見込めるAGA治療」「効果があまり期待できないAGA治療」をご説明します。

医薬品以外は効果は期待できない?

まず市販のAGA治療は効果は薄いと思っていただいて構いません。

薬品は3種類あり、それぞれ特徴があります。

種類 販売先 効果
医薬品 医師の処方
医薬部外品 店頭販売
化粧品 店頭販売

この3つの分類を「医薬品分類」と言いますが、市販で販売されているものは「医薬部外品」と「化粧品」であり、効果が高い「医薬品」は医師の処方のもとでしか購入することができないため、本気のAGA治療を行う方は是非「医薬品」で挑戦してみてください。

風邪薬も、医師から処方してもらう風邪薬は非常に効果が高いものを処方されたと思います。

効果的な薬品は、医師からしか処方されないと覚えておいてください。

AGAの4つの治療方法

それでは、AGA治療に効果のあるとされる4つの治療方法をご紹介します。

  • 外用薬
  • 内服薬
  • 発毛治療
  • 自毛植毛

外服薬

頭皮に直接塗るタイプのAGA治療が外用薬で、頭皮に直接塗るためピンポイントでAGA治療を行うことができます。

AGAに効果があると言われる有名な成分が

  • ミノキシジル
  • フィナステリド

ですが、頭皮から直接摂取できるとは思えないので、僕はこの方法はお勧めしません。

あくまで個人的な意見です。

内服薬

AGA対策に効果的な成分を薬で摂取するタイプの治療が内服薬によるAHA治療で、僕が最も推奨しているAGA治療です。

体内からAGA対策に有効な成分が摂取でき、Twitter等で口コミを見ると、非常に効果が期待できる書き込みが多いことがわかります。

ただし、AGA対策の効果が高い分、副作用も強く、内服薬の主な副作用は

  • 性欲減退
  • 多毛症
  • だるさ

等が挙げられ、多くの人が上記の副作用が発症しています。

実際に使ってみて、どの程度副作用が発症するかを確認して、継続的に使うかを決めたらいいかなと思います。

内服薬の利点は、効果が期待できる点以外にも、初期費用が少なく済むことが挙げられ、取り組みやすさも魅力的です。

さらに、通常毎月20,000円程度かかる内服薬ですが、ある方法で入手すると月々3,000円程度にすることができます。

詳しく知りたい方は下記をご覧ください。

AGA治療費用を考慮したコスパ最強のAGA治療とは【AGA治療体験談9日目】
AGA治療体験談9日目です。 まだ何も変化は感じられません。 現在使っているAGA治療薬は下記2つです。 DOTT HAIR(AGA治療内服) ミノキシジル 2.5mgフィナステリド 0.65mg

発毛治療

発毛に効果のある成分を、頭皮から注射針等で直接投与する方法で、

  • 発毛メソセラピー
  • HARG療法

等が挙げられます。

効果は非常に高いと言われていますが、最初に30万円~50万円程度費用がかかってしまうため、いきなり取り組むには少しハードルが高いのが欠点です。

自毛植毛

近年人気の高い自毛植毛は、AGAの影響を受けづらい後頭部の自分の毛を、AGAで薄毛が進行している部位に埋め込む方法で、毛自体を埋めこむため効果は間違いなく期待できます。

ただし、自毛植毛は発毛治療よりも費用が高く、最低でも100万円は覚悟をしておいた方がいいです

最初はAGA専門のクリニックで診断してもらうことがおすすめ

色々言いましたが、AGA治療を行う前に、正しい知識を得るためにAGA専門のクリニックで一度診断してもらうことをお勧めします。

AGA治療方法だけでなく、AGAの基本知識や、生活習慣を見直すためのアドバイスも貰えるため、AGAに対して正しい知識を持つことができます。

AGA治療のおすすめなクリニックはこちらからご確認ください。

AGA治療とは?AGAを改善させる4つの治療法とまずすべきこと【AGA治療体験談11日目】
AGA治療体験談11日目です。 初期脱毛等の変化も感じないです。若干効果があるのか心配になってきました。 現在使っているAGA治療薬は下記2つです。 フィナロイド ミノキシジル5mg 購入場所は「オオサ

「AGA治療とは」まとめ

  • AGAは治る病気
  • AGA治療は早期から行うことがおすすめ
  • まずはクリニックで診断してもらう

コメント